「日産・キューブを廃車」を考えるなら、どこに売るのがよりお得?

初代の上品に澄ました雰囲気。

2代目は可愛く。

3代目は小粋な感じがクセになります。

そんな日産人気のトールワゴン「キューブを廃車」を考えるなら、どこに売るとよりお得なのでしょう。

※同じ車を同じ時期に売っているのに、あなたの選ぶ売り先、売り方によって何万、何十万円~の損得差が発生しかねません。

日産・キューブの売却相場

まず、相場をおさえておくと、業者との交渉などがやりやすくなります。

※各社買取実績は公平を期するため、いずれも最新のものから順番に抜粋しました。

カーネクストの買取実績

カーネクストは廃車買取業者の中で知名度・規模はトップクラスです。

その買取実績とはどんなものなのでしょう。

まず、相場をおさえておくと、業者との交渉などがやりやすくなります。

↑年式2007。走行距離66,000km。還付金なし。

↑年式2003。走行距離190,000km。還付金なし。

↑年式2002。走行距離110,000km。還付金あり。自走不可。

↑年式2004。走行距離218,000km。還付金あり。

↑年式1999。走行距離124,000km。還付金なし。

(いずれも引用:カーネクスト公式サイト)

カーネクストはどんな低年式車でも多走行車でも自走不可の車でも、まずたいがい最低0円以上で引き取ってくれます。

しかも、ここは後に紹介する特典もきっちり付けてくれます。

廃車にはとても心強い業者の一つです。

ユーカーパックの買取実績

ユーカーパックは今人気急上昇中の一括査定です。

主な参加業者は中古車買取です。

↑上:年式2010年8月。走行距離66,333km。車検なし。修復歴なし。

中:年式2010年8月。走行距離40,672km。車検なし。修復歴なし。

下:年式2010年9月。走行距離42,792km。車検なし。修復歴なし。

↑上:年式2012年2月。走行距離15,691km。車検なし。修復歴なし。

中:年式2013年4月。走行距離38,140km。車検2020年4月。修復歴なし。

下:年式2010年7月。走行距離90,107km。車検なし。修復歴なし。

(いずれも引用:ユーカーパック公式サイト)

ユーカーパックのキューブ買取実績はまだまだ多数です。

ここは低年式車でも高年式車でも、多走行車でも少走行車でも、修復歴ありでもなしでも、安定した値で引き取ってくれやすいのが魅力です。

SellCa(セルカ)の買取実績

SellCa(セルカ)はユーカーパックと同じ“オークション・スタイル”の一括査定です。

主な参加業者は中古車買取です。

↑年式2012。走行距離29,563km。修復歴あり。入札数17件。

(引用:SellCa公式サイト)

SellCaが掲載するキューブ買取実績はこの1件のみです。

一括査定.comの買取実績

一括査定.comはユーカーパック、SellCaとはちがい、“業者との交渉スタイル”の一括査定です。

いわゆる“ふつうの一括査定”です。

主な参加業者は中古車買取です。

※一括査定.comの査定額は還付金込みのものです。

(引用:一括査定.com公式サイト)

キューブに関しては、一括査定.comが非常に素晴らしい実績と言えます。

また、ここは買取実績の件数自体も上2つを圧倒。

安定して値を付けやすいですね。

日産キューブをよりお得に売るには?

廃車よりまず中古車?

上の例をご覧ください。

あれは数多いキューブの売買からすればほんの一にぎりの例です。

が、廃車買取と中古車買取では同じくらいの年式・走行距離でも売り値に大きな開きがあります。

私たちが素人考えに「もう廃車だろ」と思っていても、“市場”では案外に中古車として高値で売れることがよくあるんです。

・不動車ぐらいのボロボロ

・整備業者に「廃車に出した方が言われた」

ぐらいでなければ、チャンスは大いにあります。

かりに中古車として売りに出し、本当にダメだったとしても、廃車買取がまだあります。

ディーラー下取りは安い

車を売るなら、ディーラー下取りはとても身近な選択肢の一つです。

ただ、気を付けなければならないのが値段です。

ディーラーはかなり安い場合が非常に多いのですね。

なぜなら、彼らは下取りした車をどうしているでしょう。

ほとんどが業界のオークションに流し、安い値で売り払ってしまっております。

なぜなら、彼らは車買取業者のように専門の強い販路がとても乏しいです。

そもそも下取りした車で儲ける動機自体がほとんどないのですね。

だって、彼らは自社の新車を売ってなんぼですから。

ただし、ディーラーにもメリットはあります。

1つには、手続きをほとんど肩代わりしてくれて、とても楽ちん。

1つには、車を売ると同時に次の車を所有できるので、“車のない期間がない”。

なので、「車を売るのにあまり手間をかけたくない」人には有利です。

また、時にディーラーもほかの選択肢より高額買取してくれることもなくはありません。

なので、もし車を買い替える予定がおありなら、ぜひ選択肢の1つに残してください。

少なくとも、そこで出た額を“叩き台”にすることができます。

ただ、一応書いておきますが、これだけはやめた方がよろしいでしょう。

「ディーラーだけに当たって決めよう」

なぜなら。

1社だけではなく複数の業者に当たる

車を売るなら、業者は1社だけに当たって決めるのはとてもリスキーです。

というより、車をしっかり高値で売ることができた人と言うのは、まずそういう手段はとっておりません。

1社だけだと、どうしてもほかの業者の価格がわかりません。

しかも、業者を価格競争させることができません。

彼らはあくまでライバルがいてこそ、価格を上乗せしていこうとします。

よそに勝って買い取らなければ儲けが一切発生しないのですから当然です。

逆に客が「その1社だけを当てに」売りに来たのなら、業者は何を考えるでしょう。

一括査定

とはいえ、自分で複数の業者に当たるのはそれなりの手間です。

・「どんな業者が良いのかな」と調べを入れ

・その中から1社ごとにアクセス先を探し

・1社ごとにフォームで送信か、電話など

高く売るため、とはいえ、やっぱりムダな手間はできるだけ省き、手際よく終わらせたいものです。

そこでとても心強いツールがあります。

一括査定です。

最近はネット社会の広がりで、一括査定が使われる分野も色々増えてきました。

たとえば、不動産、不用品処理、引越し、ピアノ、農機・・

人気の秘訣はやっぱり“手っ取り早くて、金銭的にお得だから”です。

1つのフォームに入力して、送信すればOK。

後は業者らが競争してくれますんで。

値段は自然と吊り上げやすくなります。

しかも、車の一括査定は市場がとても大きくて、競争が激しいからでしょう。

どこもいろんなサービスや特典を用意してくれて、これがなかなか気が利いています。

たとえば、

☆個人情報が業者に流れないようにしてくれたり
☆利用するだけでポイントを付けてくれたり
☆電話で交渉をしたくないなら、すべての交渉をメールにしてくれたり

など。

今はまだぴんと来ないのもあるかもしれません。

が、いざ業者と取引するようになると、「あ、助かる・・」と思うものは多いです。

しかも、当たり前ですけれど、こういうのは一括査定をしないと受けられませんからね。

そして、これも大事なポイントです。

今の車の一括査定はスタイル自体がとてもバラエティ豊富。

フォームに入力して、複数の業者と取引するタイプがやっぱりオーソドックスですが、ほかにも全然やり方の違うのが出てきてるんです。

しかも、すごい人気が出てきているのですね。

つまり、“車の一括査定”といっても選択肢は実に幅広いのです。

だから、あなたと愛車に合ったものを選びやすくなっております。

よりぴったりのを選べば、より快適に、あるいは、より高く、車を売れることができます。

とはいえ、車の一括査定はたくさんあります。

なので、ここではその中から特に評判がよく、実績が高く、コンテンツに優れたものを、かつキューブに合ったものを、厳選して3つ紹介。

こちらです。

<カーセンサー>

その名を何度も見聞きしたことがあるでしょう。

日本で一番有名な一括査定です。

運営主はリクルートです。

こちらはこういう人に特に向いています。

☆交渉が得意な人

☆より“高く売りたい”人

当たり前ですけれど、ここの一括査定はただ何となしに有名、というわけではありません。

車を売るにあたって一番のメインとも言うべき“高額査定”に並外れた評判と実績を誇っております。

スタイルは“オーソドックス”です。

あなたが電話かメールで複数の業者と交渉。

なので、あなたの裁量がその“伸びしろ”に反映されやすくなります。

そして、ここが大事です。

なぜここがそんなにも“高額査定”に強いのか。

一括査定のほとんどは交渉メインのオーソドックススタイル。

その中でもカーセンサーは参加業者数が1,000~。

オーソドックススタイルの一括査定の中でダントツ1位です。

ちなみにほかほとんどは50~250ほどです。

そして大事なのは質です。

大手ではガリバー、ビッグモーター、カーセブン、ネクステージ、アップル、ラビット、などなど。

その錚々たる顔ぶれはやはり突出しております。

だけではありません。

なぜなら、高価買取は大手だけの専売特許ではありません。

全国各地にそれぞれの強みを持った地元中小業者が続々参入。

これらから最大30社までを交渉相手に選べます。

また、これだけの数と質です。

◆低年式車

◆多走行車

◆改造車

◆事故車

◆かなりの地方

であっても、手を挙げてくれる業者が出てくれやすい!

これはとても大きいです。

実際、私はあるほかの超メジャー一括査定にある条件でエントリーしてみました。

すると、選択可能業者は1社のみ。

その真下には

「どうぞご自由にお選びください」

って書いてましたが、・・

選択業者が0とか1とかではちょっと・・

2でも不足です。

が、カーセンサーなら全く同じ条件で5社でした。

↓とても高価買取に強く、また選択に幅が利きやすいカーセンサーについてくわしくはこちら

カーセンサー一括査定のメリット・デメリットは?評判・口コミは?

<一括査定.com>

上の例の最後に紹介しました。

こちらはこういう人に特に向いています。

☆交渉が得意な人

☆余計な消費者トラブルにできるだけ合わないように高く売りたい人

キューブの中年式車(年式2000年代半ばごろ)に関しては非常に突出した買取実績を挙げております。

こちらはカーセンサーと同じオーソドックススタイル。

なので当然、交渉が得意な人には有利です。

だけではありません。

ここは運営主がJADRI(日本自動車流通研究所)。

JADRIとは、中古車買取業者や車の一括査定業者が「中古車売買業界の健全性を守る」ために寄り集まり、運営する団体です。

そのため、加盟する業者はモラルに対する高い責任が求められます。

車を売る時は

・消費者の不払い

・二重査定(一度高い査定額を提示し、その後、「重大な傷が見つかった」などと言いがかりをつけ、査定額を一方的に落とす)

・押し買い

などのトラブルに遭わないとは限りません。

安心・安全に高い値で売る、というならうってつけの一括査定です。

↓くわしくはこちら

JADRIのやってる一括査定.comはよそとくらべてどう?

<ユーカーパック>

上の例の2番目に紹介しました。

今まではいずれも“オーソドックススタイル”。

交渉が得意な人に向けたタイプです。

そう、一括査定と言えば、交渉が得意な人に向けたものがほとんど。

でも、そうでない人、そういうのが面倒な人、嫌な人、に向けた良い一括査定はないのでしょうか。

あります。

その筆頭格と言ってよいのがこちら、ユーカーパック。

最近はローラさんのCMなどで露出が増え、そして、そのとても優れたサービスから人気はうなぎのぼりとなっております。

その理由の一つ目。

こちらはリアルに業者との電話やメールでの直交渉が不要です。

「前のめりに営業してくる業者とどうやって距離を置こう」

「業者のものすごく上手な交渉術にまるめこまれないかな」

「業者からたくさん来る電話やメールはちょっとヤだな」

という心配はないでしょうか。

でも、こちらユーカーパックならそういったリスクはほぼ0と言ってよい状況になります。

なぜなら、ユーカーパックはネット・オークションだから。

しかも、普通のネット・オークションとはちがいます。

あなたと業者の間にユーカーパック・スタッフが入って、プロとしていろいろ伝言・調整してくれるのです。

なので、業者との余計なトラブルも起きにくい。

そして、こういう心配はないでしょうか。

「車のネットオークションなんてやったことないけど、だいじょうぶ?」

実は、このユーカーパック。

利用者のほとんどが車のネットオークション初心者です。

が、そういった人がたくさん利用して、それでいて満足度がとても高いです。

なぜでしょう。

買取価格が高いから。

それもありますが。

ほかにも、これ。

わかりやすいんです。

そして、使いやすい。

心強い、という意見もあります。

何が?

実はこのユーカーパック、例のごとくまたスタッフが出てきてくれます。

何にか?と言うと、このサービスの段取りをきっちりナビゲートしてくれたり、こちらの質問などに応えてくれたり。

ツアーでいうガイドさんみたいな感じです。

見ず知らずの土地でも、だいじょうぶ、なわけです。

ふつうに業者と取引したり、一括査定を利用する分ではこういうサポートはそうそう受けれるものではありません。

その上に高価買取です。

ここは参加業者数が8,000~。

なんと日本最多規模です。

そのためもあって、低年式車でも高年式車でも、多走行車でも少走行車でも、修復歴ありでもなしでも、安定した買取実績があります。

そして、ふつうのネットオークションにありがちな成約手数料も出品登録料もなんと無料

↓使いやすくて、安定した買取実績のユーカーパックについてくわしくはこちら

ユーカーパックのメリット・デメリットは?評判・口コミは?

廃車買取業者

・不動車ぐらいのボロボロ

・整備業者に「廃車に出した方がいい」と言われた

・中古車として“良い買い手”が付かなかった

のなら、廃車はとても有効な手段としてクローズアップされます。

というのも、ご存じの通り、こういった車は維持するのがとても大変です。

◆燃費が悪い

◆修理費が高い

◆車検代が高い

◆税金が高い

◆任意保険の費用対効果が悪い

◆安全上の重大トラブルリスクが高い

どうしてもこのような負荷を複合的に背負わなければなりません。

さらに、不動車やすでにほとんど乗らなくなった車なら、何もしてないのに

◆税金がかかってくる

◆駐車代がかかってくる

◆広いスペースを取ってしまう

◆自責の念に駆られたり、外聞が気になる

という負担が継続し続けます。

特にこういった場合は、よほどのこだわりや事情がないかぎりは、より速やかに廃車に出した方が得です。

実際のところ、廃車と言うのはそんなにたいそうなものではありません。

お金がいっぱいかかるかもしれない・・

手間がいろいろと面倒かもしれない・・

確かに、うかつな業者を選ぶと、大損をこきます。

が、業者は様々です。

ちゃんとした業者を選び、きっちりと活用すれば、そういったリスクのほとんどは無くなり、逆に高い値で売れることがしばしば。

↓こちらでは、廃車買取に出す場合の注意点を説明し、また、優良な廃車買取業者を厳選して紹介しております。

廃車買取業者選びに注意点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする