カーネクストとガリバーどっちがいい?

ガリバーカーネクスト

両方よく見かける名前です。

が、得意分野はまるで違います。

もちろん弱点も。

どっちがどういう特徴で、どういう時に使えばいいのでしょう。

また、注意すべきはどういうことなんでしょう。

両業者を的確に使い分けて、愛車の売却をより高額、より快適に実現しましょう。



ガリバー・カーネクストの概要

ガリバー

IDOM

本社:東京都千代田区丸の内

設立:1994年

資本金:約41.6億円(2015年)

売上高:単体1531億円、連結1556億円(2015年)

従業員数:単体約2300人、連結約2500人(2015年)

カーネクスト

ラグザスクリエイト

本社:大阪市北区

設立:2008年

資本金:1千万円

従業員数:約50人

ガリバーは中古車・カーネクストは廃車

単刀直入に、ガリバーは中古車カーネクストは廃車と考えて大筋間違いでありません。

ガリバーには廃車サービスもあるが、やめた方がいい

ガリバーは「ガリバー廃車パック」という名で、廃車も請け負っております。

しかし、ここで廃車するのは、考えものです

9800円払わないといけないのです。

今日日、廃車にお金を1円でも払うというのはナンセンスです

それに比べると、カーネクストなどの優良な廃車買取業者では最低0円買取保証を宣言しております。

よっぽどなことがないかぎり一切の料金が発生しません。

しかも、カーネクストは

☆手続き無料代行

☆レッカー代無料

などと言う特典も付けてます。

(※)とはいえ、整備業者などが「廃車にするしかない」と言ったり、不動車でない限りはいったんガリバーなどの中古車買取業者に見積もりを取ってもらうのはよいことです。ひょっとすると、よい査定がつくかもしれません。

中古車買取シェア第1位!ガリバー強さの理由

ガリバーは国内中古車買取における14年連続シェア第1位企業です。

東証一部にも上場しております。

そんなガリバーの強みの理由とは

1) シビアな在庫管理……在庫期間が長いほど中古車価格は下落します。ここの管理は中古車業者の生命線です。

2) 業界1位の巨大な地力を生かす……潤沢な資金力・マンパワー・商品数を高能率でシステム化し、顧客へのハイクオリティなサービスを実現します。

3)買取車の半数以上を自社で直販……余計な中間マージンを大カットできます。

4)海外にもどんどん進出……幅広い販路を獲得できます。

5)専門店展開も積極的……軽自動車、ファミリーカー、外車・輸入車、アウトレットなどいろんな専門店展開をしています。こうすることによってどんな車でも確実に顧客を見つけやすくします。

ガリバーのメリット3つ

中古車買取に強い

ちなみに、こちらはオリコンや車選びドットコムによる「売却額部門」の統計です。

両方、あまりよくありません。

出典『2018年オリコン顧客満足度ランキング』

出典『車選びドットコム口コミ評定』

が、ガリバーは本来この程度の地力ではありません。

というより、ガリバーの地力を活かせていない部分は大きいでしょう(たまに本当に安い場合もありますが)。

ガリバーだけでなく、車買取業者と言うのは競わせてなんぼです。

もし、ガリバー1社だけに当たって決めたのなら、ガリバーとしても「なら、この辺で」と簡単に安く買いたたいてしまいます。

で、その後になってほかの業者と比べ、「ガリバーやっすいな!」となっても、まさに後の祭りなのです。

<カーネクストは高価買取してくれる?>

カーネクストは廃車買取業者として優秀です。

ここの良さは「大概どんな車でも最低0円以上で買い取ってくれる」というところです。

事故車、水没車、不動車、車検切れ、かぎなし、車検証なし、残ローンあり、炎上車、など。

しかも、ここは海外に強い販路を持ち、運営コストの無駄もしっかりカット。

こうして、高価買取をしてくれることもたびたびです。

全国対応、圧倒的店舗数

ガリバーは全国に約550店舗(2019年5月時点)という圧倒的店舗数を誇っております。

なので、大概どこか近場にあり、買い取ってもらう業者の選択肢に入りやすいです。

ちなみに、後ほど紹介する一括査定のカーセンサーを利用すると、まず大概選択肢の一つに名乗りが上がります。

また、大概近くにあるから、「手っ取り早く済ませたい」なら、もってこいです(ただ、高く売りたいなら、店舗持ち込みはあまり推奨できません。相手側の“ホーム”でやるより、こちらの“自陣”に引き込み、交渉を少しでも有利に持ち込みましょう)。

<カーネクストはどれぐらいの店舗数?>

驚かないでください。

カーネクストの店舗数は事実上0です。

「はあ?」かもしれません。

というのもここは本社が大阪。

ここにコールセンターもあり、後の引き取り・解体実務は全国に1,000~の提携業者に任せております。

なので、たんに全国対応、というだけでなく、一部の離島を除いて全部対応できる、というとんでもなさです。

店に清潔感がある

特に女性から高評価を得ております。

実際にガリバーの店舗はどこも見た目がとてもすっきりしたところが多いです。

<カーネクストの本社はどんな感じ?>

カーネクスト本社は大阪環状線からもよく見える梅田スカイタワービル・タワーウェストの31階というめっちゃハイソな立地。

しかも、ご覧の通り、ほとんどドラマ級のおしゃれオフィスです。

夏は花火大会も最高ビュー。

天神祭り船渡卸も悠々見下ろせるのかもしれません。

ちなみに、ここは若い女性スタッフの比率がものすごく高いです。

引用instagram

ガリバーのデメリット2つ

接客にクセがある?

ガリバーは接客にクセがある場合があります。

ちょっと前のめり。

そして、社員教育がいまいち行き届いていないのでしょうか。

「営業がしつこい」

「がめつい」

「無礼」

という悪評がネット上のいろんなところで踊っている、これは事実です。

確かに、オリコン中古車買取業者満足度ランキング「担当の接客力部門」(※)で下位の常連となっており、やり玉に挙げられることがしばしばです。

出典2018年オリコン顧客満足度ランキング

出典車選びドットコム口コミ評定

ただ、満足の口コミも多いです。

かなり大きな業者なので、店舗やスタッフによるムラの大きさはあるでしょう。

また、そもそも体験者が多いので、口コミを寄せる絶対数が多いというのもあります。

そして、業界シェア1位ということもあり、どうも一部過剰に煽られたり、ネガティブキャンペーンを受けている部分も根強いと感じられます。

このようにどこか「だいじょうぶかな」と見られやすいガリバー。

「もう無理」という人は無理かもしれません。

ただ、そもそも車買取業者に何を求めるかというと、ほとんどの人は「高く売ること」。

そういった原点に立ち返ると、やっぱりとても心強い業者だと思います。

私なら個人的に外したくないです。

<カーネクストの接客は?>

おおむねよいです。

口コミの評価では前向きに評価されている場合が多いです。

その点で目立つのは、対応のスムーズさ、丁寧さ、何でも買い取る姿勢、など。

ただし、マイナス評価もあります。

キャンセルに関する誤解が生まれやすいこと、営業がしつこいことがあること、について気を

付けたいところです。

↓カーネクストの接客対応の詳細はこちら

カーネクストの対応ってぶっちゃけどうよ?

クレームガード制度がある

こちらは必ずしもデメリットではありません。

車を売る時、よく取り上げられる深刻なトラブルの一つが二重査定です。

業者が一度30万円で引き取っておきながら、後になって「重大なへこみが見つかりました」などと言って、15万円などに減額してしまうケースです。

ガリバーとしてはこういったトラブルの予防として、“クレームガード”なる独自の保険制度を設けております。

掛け金は5,000~30,000円ほど。

買取金額や車種によって金額は決定されます。

入るかどうかは自由意志です。

基本的に

①修理したことはあるが、修復歴(骨格部分の修理・査定額に大きく影響)に当たるのか不明
②あなたの車が中古車で買い取ったもので前オーナーの整備記録がない
③あなたの車が高級外車

と言う場合でなければ入る必要性はありません。

ただ、入る場合なら当然、その金額分をよけて他社と比べなくてはなりません。

ガリバーの口コミ

良い口コミ

「営業スタッフの方は清潔感があり、査定額も希望に近かったです」

「ダントツに査定額が高かったです」

「買取の段取りがとてもスムーズで早かったです」

「こちらの要望をできる限り聞いてくれました」

「評判は良くありませんが、そこまで悪くはなかったです」

「接客がとても親切で、査定も予想以上でした」

「査定を受けたその日のうちに契約まで完了するので重宝しております」

悪い口コミ

「買い取ってもらうのをやめようとすると執拗に粘って説得されるので正直怖かったです」

「営業員が全然こちらの言い分を聞いてくれませんでした。査定も安かったです」

「ライバル業者のネガティブなことばかり話していました」

「査定の時間に遅刻しても謝らず、とても傍若無人でした」

「勝手に事故車の査定をされて10万円。よそでは50万円の査定をいただきました」

↓カーネクストの口コミはこちら

ぶっちゃけいいの?悪いの?カーネクストの口コミチェック!

ガリバーを効率よく利用するには?

車を高く売るなら、複数の業者に相見積もりを出し、彼らを競争させましょう。

そのためにとても効率が良いのが一括査定

一度に複数の業者の査定に出せます。

そして、またガリバーはその多くに参加しております。

↓ガリバーが参加しているもので、一番メジャーで、一番高額買取に評判が高いのがこちらカーセンサーです。

カーセンサー一括査定のメリット・デメリットは?評判・口コミは?(ガリバーが参加してます)

運営主はリクルート。

参加業者数は1,000~。

大手はガリバー以外にもビッグモーター、アップル、カーチス、カーセブンなど、めぼしいところは軒並みと言っていいぐらい参加しております。

また、全国の地元中小業者も当然相応の数です。

ここから最大30社までなら選び放題。

高額査定に強いわけです。

また、

「ガリバーなどの業者との取引を避けて、かつ、しっかりした値で売りたい。」

のなら、こちらユーカーパックがとても適性があり、今かなり人気急上昇です。

↓くわしくはこちら

ユーカーパックのメリット・デメリットは?評判・口コミは?(こっちは、ガリバーは参加してません)

↓あるいは、「一括査定を通さず、ほかの業者とガリバーを比べるのももちろん全然あり」です。ガリバー単体の無料見積もりならこちら

カーネクストを効率よく利用するには?

廃車買取業者も複数出した方が確実

複数の業者に見せた方が得しやすいのは基本的に廃車買取でも変わりません。

あるいは、仮に1社だけにするにしても、参考を増やしておくのは悪くないでしょう。

こちらはいずれも評判も実績もコンテンツも優れた業者ばかりです。

↓<廃車買取業者各社>

カーネクスト

廃車買取カーネクストとは?【簡単にまとめ】

廃車本舗

廃車本舗のメリット・デメリットは?評判・口コミは?

廃車ラボ

廃車ラボのメリット・デメリットは?評判・口コミは?

廃車ドットコム

廃車ドットコムのメリット・デメリットは?評判・口コミは?

タウ

タウって事故車買取で有名だけれどどんな業者?強みは?口コミ・評判は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする